人はなぜ老化するの?

最新レシピ

2022.11.18
人はなぜ老化するの?
美しさの原点「細胞」を守る&修復するチカラ
詳細を見る

あの人と私、見た目年齢に差があるのはどうして?

同じ年代の人を集めたときに、若く見える人と、老けて見える人がいますよね。それは、一体なぜなのか、疑問に思ったことはありませんか?
老化にはさまざまな原因がありますが、その中のひとつである「光老化」は、紫外線を浴びることで発生する活性酸素により、細胞の変化や減少を起こし、老化を加速させることがわかってきました。
さらに、老化のスピードには、精神的なストレスや生活習慣なども関係している様子…。
つまり、健康と美しさを長く保つには、正常な細胞を維持するために、光老化を防ぎ、精神的なストレスなどを減らすことが大切です。
「せっかくなら、健康に美しく歳を重ねたい!」そう思う方はきっと多いはず。
そのために、今から何をすればいいのでしょうか?

"人はなぜ老化するのか──" そのメカニズムから、
素敵に年齢を重ねる秘訣を探っていきます。

老化の鍵はカラダを構成する「細胞」

およそ60兆個の細胞の健康が
美しさの原点

私たちのカラダはおよそ60兆個の細胞で構成されています。
皮膚や内臓、脳、筋肉、血管など、さまざまな臓器が細胞の集合体です。

細胞は分裂しながら増えていく

しかし、加齢とともに細胞の数は減少してしまい、95歳までにはおよそ60兆個あった細胞の約4割がなくなってしまいます。この細胞の減少こそが、老化にかかわる大事なポイントです。つまり、老化とは細胞が減少することなのです。

カラダを構成しているおよそ60兆個の細胞の数は25歳から95歳までの間に約4割も減少する/

なぜ、正常な細胞が減少するの?

加齢とともに正常な細胞が減少してしまう理由…
それは、細胞が毎日損傷しているから。
筋肉や血管などの壁を構成する筋細胞や、カラダ中に張り巡らされている神経細胞、コラーゲンやエラスチンをつくる線維芽細胞など、人間のカラダを構成している細胞の種類はおよそ200にもなります。そのすべての細胞の「核」と呼ばれる中枢部には、DNAが収納されています。DNAは、カラダの設計図といわれる遺伝情報を持ち、細胞の役割を決めているとても重要なものです。

細胞のイメージ

しかし、DNAは毎日およそ50万回も損傷しているといわれています。その原因は、過剰に発生する活性酸素により、体内で起こる酸化的損傷です。この酸化的損傷を受けたDNAの修復に失敗すると、正常な細胞の数が減少してしまうのです。

活性酸素が発生する原因達とDNAの損傷

損傷したDNAは
どうなる?

日常生活で発生した活性酸素により、DNAは毎日最大50万回損傷しているといわれています。細胞は自らの健康を保つために、睡眠中に傷付いたDNAを修復しています。つまり、睡眠をしっかりとらないと、DNAが十分に修復されないということ。生活習慣を見直すことも、正常な細胞を維持するためには大切なことなのです。

日常生活に潜む「活性酸素」

紫外線による細胞へのダメージ

日常生活の中で活性酸素を発生させる原因はたくさんありますが、代表的なものに紫外線があります。下の画像は、細胞に紫外線を当てたときの様子です。紫外線が当たってから、時間の経過とともに細胞が破裂し、動かなくなってしまいました。紫外線照射前後を比較してみると、紫外線が細胞に与えるダメージの恐ろしさを感じませんか? このように、紫外線は細胞にとって大敵なのです。

さらに、精神的なストレスを感じたときや、生活習慣の乱れ、喫煙なども細胞が損傷する要因です。これらのことは、気を付けている人とそうではない人の間でかなり個人差がありますよね。細胞が減少するスピードに個人差が生じるのも、うなずけるのではないでしょうか。ちょっとした意識の差が、老化のスピードに大きく影響するのです。

こんな経験ありませんか?

海水浴に行ったあとや、怒ったり泣いたりしたあとに、ものすごく疲れを感じたり、眠くなった経験はありませんか?
これは、紫外線や精神的なストレスなどにより活性酸素が過剰に発生し、細胞が損傷したためかもしれません。眠くなるということは「早く眠って、細胞を修復しなさい!」というカラダからのメッセージかも!?

細胞を「守るチカラ」と「修復するチカラ」

本来、私たちのカラダには、細胞を活性酸素から守り、損傷した細胞を修復するという機能が備わっています。それなのに、なぜ細胞が減るのでしょうか?
その理由は、細胞を守るチカラ『抗酸化力』と、修復するチカラ『修復力』が、加齢とともに弱まるから。細胞を守り、修復するという繰り返しがうまくいかなくなってしまうことが、正常な細胞を減少させる要因なのです。それはつまり、抗酸化力と修復力を高めることで、正常な細胞の減少をゆるやかにすることができるということ。これが老化のスピードに大きくかかわります。どれだけ、細胞を活性酸素から守り、修復できるのかで、未来の姿に差が出るのです。

細胞が減少するとどうなる?

私たちのカラダを構成している細胞。減少すると、各臓器の機能を低下させ、全身の老化につながります

  • 胃細胞 消化機能などの低下
  • 肝臓細胞 カラダのろ過機能の低下による
    体内の老廃物の蓄積
  • 筋肉細胞 筋力の低下による
    歩行速度の低下・歩行困難
  • 肌細胞 ハリの低下による
    シワ・たるみ・見た目の老化

健康に美しく過ごすための
3つのポイント

ただ老化していくのではなく、健康に美しく年齢を重ねていくためには、細胞の数の減少をゆるやかにすることが重要です。そのために、活性酸素から細胞を守る「抗酸化力」と、傷付いた細胞を修復する「修復力」を高めることが鍵となります。そして、さらに元気なカラダを目指して、修復した細胞を活性化させることも大切です。

3段階でブロック&活性化!

若々しくいるために、今から何をすればいい?

健康な細胞を維持するためには、活性酸素を過剰に発生させないことが一番です。私たちにできる対策として、生活習慣の見直しがあります。日頃の過ごし方に気を遣うことで、毎日に大きな変化はないかもしれませんが、長い目で見たときに見た目もカラダの中も若々しく年を重ねられるかも?

\さらに!/

活性酸素を過剰に発生させないことは、とても難しい…。
なぜなら、活性酸素を過剰に発生させる原因は、
私たちの身の回りに常に潜んでいるからです。

できるだけ生活習慣を見直したり、
サプリメントをうまく取り入れてみましょう!

毎日コツコツと続けられる方法を
取り入れて、元気な細胞を維持し、
いつまでも健康で美しいカラダ
目指しましょう!

成分豆知識

1 抗酸化酵素を増加させて
細胞の抗酸化力アップ!

メロングリソディン®(メロン抽出物)

生体内で「抗酸化酵素」を増やすことが確認された成分。有名な抗酸化素材であるCoQ-10、α-リポ酸と比べてもはるかに高い抗酸化力を持ち、体内で抗酸化酵素を増加させて活性酸素を消去する機能を高めると報告されています。

出典:Phytother.Res.18,957-962,2004

2 DNA修復サポート成分で
細胞の修復力アップ!

AC-11®(キャッツクロー抽出物)

熱帯雨林植物キャッツクローの抽出物で、特殊な製法を用いてつくられており、アメリカではDNA修復の促進を助ける機能が確認されています。

3 ミトコンドリアを活性化させて
細胞をエネルギーで満たす!

オレアビータ®(オリーブ葉抽出物)

オリーブの葉から特殊な製法により抽出した成分。細胞内の生体スイッチを刺激し、体内のエネルギー源ミトコンドリアを増殖・活性化させると報告されています。

さらに健康でキレイな未来の自分をつくる。

ビーソディン 栄養機能食品
(ビオチン・ビタミンE)
60粒
2粒(820mg)あたり
エネルギー:3.1kcal
アムティーン 栄養機能食品
(ビタミンB6・ナイアシン)
60粒
2粒(680mg)あたり
エネルギー:2.95kcal
リアンディーナ フォルテ 栄養機能食品(亜鉛)
50mL×10本
1本(50mL)あたり
エネルギー:12.0kcal

バランスの良い食生活と適度な運動とご一緒に。

‹ トップページに戻る