きれいのレシピ by セプテムプロダクツ|セプテムプロダクツの商品を使ったワンポイントアドバイスをしています。

ビーソディンがリニューアル!

最新レシピ

特別な液晶バリアに守られて、肌が悩みを忘れていく。
2018.10.19
この感覚を、今。
セプテムだけの特別な液晶バリアに守られて、肌が悩みを忘れていく。
詳細を見る

自ら「抗酸化力」を高めるという発想で生まれた
「ビーソディン」がより進化して、
パッケージも新たに生まれ変わりました!
今回はリニューアルしたポイントとともに、
ぜひ知っておきたい成分の特長と仕組みを
改めてご紹介します!

ここがリニューアルポイント:抗酸化力を高める成分を増量!

ビーソディンは、第二の脳といわれる「腸」の免疫機能に着目したサプリメント。活性酸素を消去する抗酸化物質を摂るのではなく、自ら体内で抗酸化酵素をつくり出すことを目指して2012年に誕生しました。
今回のリニューアルで一番のポイントとなるのは、メイン成分である「メロングリソディン®」を増量し、パワーアップしました。活性酸素に負けないカラダづくりを目指し、毎日の習慣に取り入れましょう。

ビーソディンは
「抗酸化力」を自ら生み出すことを目指した
インナーサプリメント

166%に増量でパワーアップ!メロングリソディン®の効果を引き出すには健康な腸であることが大切です。そのため、「ビーソディン」には腸内バランスを整える「乳酸菌生産物質液(バイオジェニックス)」と「キシロオリゴ糖」を配合。ほかにもビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、亜鉛などの栄養成分を加えたセプテムオリジナルの処方となっています。

飲み方

1日あたり2~4粒を目安に、水またはぬるま湯と共にお召し上がりください。

*リニューアル前と比べて

It's important!!注目すべきはこのキーワード! 活性酸素を消去する抗酸化酵素

カラダや肌が老化する原因の
ひとつは活性酸素です!

呼吸で取り込まれる酸素のうち2%ほどが活性酸素になるといわれています。活性酸素は、私たちの体内に侵入した細菌などを撃退する役割がある一方、過剰につくり出されてしまうとカラダの細胞を酸化させて皮膚や血管などさまざまな臓器に影響を及ぼし、老化や病気の原因のひとつになってしまいます。
活性酸素が過剰に発生する原因は、食生活の乱れやストレス、紫外線、タバコなどをはじめとして、日常生活にたくさん潜んでいます。体内に活性酸素を過剰に発生させないこと、そして発生した活性酸素を消去することが、キレイと健康を保つためのとても大切なカギとなるのです!

◎日常に潜む活性酸素の原因

活性酸素から細胞を守ってくれる
抗酸化酵素

抗酸化酵素が
活性酸素を消去!

では、老化の原因の一因となる活性酸素に対抗するにはどうしたら良いでしょうか?
そのカギとなるのが「抗酸化酵素」です。抗酸化酵素は、ズバリ!過剰な活性酸素を消去してくれる頼もしい味方。
私たちのカラダを構成する細胞は、もともと「SOD」「カタラーゼ」「グルタチオンペルオキシターゼ」という3つの抗酸化酵素を持っています。これらの抗酸化酵素が連携して繰り返し活性酸素を消去してくれるのですが、残念なことに抗酸化酵素は加齢などによって減少してしまいます。
抗酸化酵素が減ると、過剰な活性酸素を消去しきれず細胞やDNAが傷ついてしまい、異常細胞や細胞死が増加。結果、老化が加速してしまうのです。

ビーソディン
栄養機能食品(ビオチン・ビタミンE)
60粒

まるで細胞の救世主!?
抗酸化酵素の増加が期待できる
メロングリソディン®」って?

◎抗酸化酵素を増やす成分メロングリソディン<sup>®</sup>

南フランスの専用農園で栽培されているヴォークルシアン種品種改良メロンには、抗酸化酵素のひとつである「SOD」が通常の7~8倍多く含まれ、鮮度を長く保つことができるメロンとして注目されています。このメロンから抽出した「メロンSOD」を使用し、開発された成分がメロングリソディン®。このメロングリソディン®は、生体内で「抗酸化酵素」を増やすことが確認されており、抗酸化酵素が増加すれば、活性酸素を消去する機能も高められると期待されています。

check!目の付けどころ
グリアディン(小麦たんぱく)の
コーティング

このコーティングがメロングリソディン®の大きな特長! 胃で消化されず、メロンSODを腸に届ける大切な役割をしています。

メロングリソディン®
全身の抗酸化酵素を増やすシグナルを出すスイッチ!

メロングリソディン®の特長は小麦たんぱくのコーティングによって引き起こされるスイッチ効果です。
一般的な抗酸化物質の活性酸素を消去する効果は一度きり。しかしメロングリソディン®は、小麦たんぱくコーティングによって分解されずに腸まで到達し、腸の免疫組織であるパイエル板に取り込まれ、そこから体内の抗酸化酵素を増やすように腸が全身にシグナルを発信。それをきっかけに抗酸化酵素が増加します。しかも抗酸化酵素は何度も繰り返し活性酸素を消去できるため、体内では大量の活性酸素に対抗することができるのです。

‹ トップページに戻る