きれいのレシピ by セプテムプロダクツ|セプテムプロダクツの商品を使ったワンポイントアドバイスをしています。

美肌を育み、キープするために

最新レシピ

特別な液晶バリアに守られて、肌が悩みを忘れていく。
2018.10.19
この感覚を、今。
セプテムだけの特別な液晶バリアに守られて、肌が悩みを忘れていく。
詳細を見る

カラダの設計図「DNA」に着目!

人間のカラダはおよそ60兆個の細胞でつくられているといわれています。ところが“お肌の曲がり角”といわれる25歳からは毎日10億個(約1g)もの細胞が減っていくといわれており、95歳までには、約40%もの細胞が失われてしまいます。となると、細胞の減少を少しでもおだやかに遅くすることが美しさをキープするための最大の課題に!そのためには細胞核の中にある「DNA」を守ることが非常に重要なポイントになってきます。

DNAが損傷すると細胞が減少!

DNAは、いわばカラダの設計図。しかし、紫外線やストレスなどによって発生する活性酸素により、このDNAが傷つけられると、正常な細胞が減少していきます。また、もともと体内に備わっているDNA修復機能も加齢と共に衰えていくため、細胞の減少は進みます。健康なカラダや美しい肌をキープするにはDNAを守り、正しく修復がおこなわれるようにしていくことが欠かせません。

DNAの損傷と修復イメージ
DNAの損傷と修復イメージ

肌老化の大敵は、「酸化」と「糖化」

老化の2大原因といわれているのが「酸化」と「糖化」です。この酸化・糖化を早い段階からケアしていくことが、いつまでも若々しく美しい肌でいるためのカギ!最新のアンチエイジング研究が報告される日本抗加齢医学会でも、老化には「酸化と糖化のアプローチが最重要」であると報告されています。

  • 酸化とは生体成分が酸素に触れることで性質が変化することをいい、活性酸素が大きな原因となります。
  • 糖化とはコラーゲンなどのたんぱく質が糖と結びつく現象のことをいいます。たんぱく質が糖化すると機能が低下しカラダや肌に悪影響を及ぼします。
  • ◎酸化・糖化は髪や骨、血管にも影響を及ぼし、病気の原因のひとつといわれています。

肌のハリや弾力を
支えているのは「線維芽細胞」

線維芽細胞の働きとは?

私たちの肌を構成する真皮の中には「線維芽細胞」が存在しています。線維芽細胞には、細胞と細胞のすき間を埋める細胞外マトリックスという構造の合成や代謝をおこなう役目があり、「真皮三大美容成分」といわれる、『コラーゲン』『エラスチン』『ヒアルロン酸』をつくりだす働きがあることが知られています。この線維芽細胞を増やし、元気に働けるようにすることこそが、美肌を育むための大切なキーポイントです。

線維芽細胞を増やすことを目指す!

マリンフィブロジェンは、培養細胞系の研究によって線維芽細胞を増やすというデータが確認されている、鰹由来のエイジングケア※成分です。
有効成分プロリルグリシンの作用により線維芽細胞数が増加、活性化することが確認されており、同時に真皮三大美容成分であるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の産生を促進する作用があることも報告されています。

出典:セプテム総研

※エイジングケアとは、美しく年齢を重ねるためのケアをすることです。

DNAの修復を促すことを目指す!

「AC-11」とは、熱帯雨林植物キャッツクローの抽出物です。アメリカFDA(食品医薬品局)では、DNA修復の促進を助ける機能を訴求することが認められているなど、DNAレベルのエイジングケア※効果が期待されています。
また、若々しいハリをもたらすⅢ型コラーゲンを増やす効果や、メラニンの量を減らす効果、シワの改善効果なども確認されています。

AC-11摂取によるDNA修復力の変化 AC-11摂取によるⅢ型コラーゲンの変化

※エイジングケアとは、美しく年齢を重ねるためのケアをすることです。

愛飲者が増えています!
リアンディーナ フォルテが
選ばれる理由

肌のメカニズムに着目し、必要な成分が必要なところへ届くよう、
バランスよく配合されているから多くの人に愛されています。

◎肌のメカニズムに着目!

カラダを構成するおよそ60兆個もの細胞。この細胞が元気でいることが、美しさと健康につながります。
リアンディーナ フォルテはこの「細胞」アプローチの着眼点をさらに強化し、
より強固な土台をつくることで、カラダの内側から老化に負けない美肌づくりをサポートします。

バランスの良い食生活と適度な運動とご一緒に。

「酸化」と「糖化」
「つくり出すチカラ」に
着目したドリンクです。

リアンディーナ フォルテ

〈栄養機能食品(亜鉛)〉
50mL×10本
1本(50mL)あたり エネルギー:12.0kcal

‹ トップページに戻る