きれいのレシピ by セプテムプロダクツ|セプテムプロダクツの商品を使ったワンポイントアドバイスをしています。

秋は、季節の変わりめ!
“不安定”から肌を守ろう。

《今こそ、スペシャルケアを投入!》秋は、季節の変わりめ!“不安定”から肌を守ろう。ALTVENUS

最新レシピ

肌を目覚めさせる、植物のチカラ。
2017.11.20
肌を目覚めさせる、
植物のチカラ。
なぜ使われているの?和漢植物のもつチカラをひも解きます。
詳細を見る

11月に入ると、寒さも厳しくなり冷えも気になります。
体調をくずしやすく、肌の変化も目に見えてあらわれるこの時季。
肌が乾燥したり、血行が滞りくすんだり、ツヤがなくなったり…。

これから冬に向けては、肌へ直接働きかけるスキンケアはもちろん、
カラダの内側からアプローチするインナーケアを。
肌の変化を感じやすいこの時季から始めることで、今年の冬は
ワンランク上の美肌で過ごしませんか?

  • ビーソディン 栄養機能食品(ビオチン・ビタミンE)
    2粒×30包
    1包(2粒)あたり
    エネルギー:3.1Kcal
  • リアンディーナ フォルテ 栄養機能食品(亜鉛)
    50mL×10本
    1本50mLあたり
    エネルギー:12.0Kcal

知っておくと、美肌の近道に! 秋から冬の、
過酷な肌環境と必要な肌対策

カラダには日中受けるさまざまな
ダメージから自らを守る力がある!

乾燥や外部ストレスからカラダを守る肌バリア機能や、体内で発生した活性酸素を消去する力など、自らの力で日中受けるダメージからカラダを守っています。

年齢とともに抵抗力が低下!

日中は、紫外線や大気汚染などのストレスにより活性酸素が過剰に発生し、酸化的ダメージを受けやすくなります。カラダには活性酸素から身を守るため、抗酸化力(SODなどの抗酸化酵素)が備わっていますが、その力は年齢とともに低下していきます。
また、食事などから摂取した過剰な糖は、コラーゲンやエラスチンなどカラダのたんぱく質と結びつき、糖化反応を起こします。ヒトは糖化したたんぱく質を分解・処理する力を持っていますが、年齢とともにその力は弱まります。

SODと年齢の関係 すると

「酸化」や「糖化」が進みやすくなる!

加齢による抗酸化力の減少により、日々発生する活性酸素を消去しきれなくなります。結果、酸化ダメージを受け続けた肌は、シワやたるみなどの肌悩みを抱えることに。また、糖化反応が進むと、最終糖化生成物(AGEs)と呼ばれる物質へ変化。AGEsは一度できると分解されにくく体内に蓄積されていきます。たんぱく質を劣化させる糖化反応はゴワつきやハリの低下、くすみ※1の要因に。

※1 紫外線ダメージ、乾燥によるくすみ。

年齢と糖化したたんぱく質(AGEs)の相関図 日中に受ける外的・内的ストレスから肌を守るために/日中は、守る力の強化が鍵に!

日中受けたダメージを
修復するのは夜!

日中活動していた肌やカラダは、老化要因といわれる酸化、糖化、炎症の影響によりダメージを受けています。これらのダメージは、成長ホルモンなどの働きにより睡眠中に修復されることが知られています。

年齢とともに修復力が落ちる!

成長ホルモンを良好に分泌させるためには、質のよい睡眠を取ることは何より大事。ですが、年齢とともに成長ホルモンの分泌量は減っていくばかり。年齢を重ねるごとに目に見えて修復力のなさを感じるようになります。

成長ホルモン分泌の年齢による変化 すると

肌内部でダメージが蓄積してしまう!

年齢とともに、修復する力は落ち、ダメージが蓄積していく…。この悪循環により、肌の老化はどんどんスピードアップしていきます。それを食い止めるためにも、早めの対策スタートが肝心です。

加齢とともにダメージを受けやすくなる/さらにダメージを修復する力が弱くなる/ダメージが肌に蓄積され老化が進む 特にこの時季は、肌ダメージが増えるため、夜は、修復する力の補強が要に!

冬に向けて、今すぐ始めたい24時間美肌習慣 朝のビーソディン ×
夜のリアンディーナ フォルテ

朝飲んで、日中のダメージに負けない力を内側から。

“第二の脳”といわれる「腸」の機能に着目した新しい発想のサプリメント。活性酸素などの有害物質をクレンジングし、抗酸化物質を摂るのではなく、自ら体内でつくり出すことを目的としています。日中は活性酸素の影響を受けやすいため、朝に飲むことをおすすめしています。

「腸」の免疫機能に働きかけ、抗酸化力をサポート。
ビーソディン ニュートリション ピラミッド
メロングリソディン®配合

ヴォークルシアン種品種改良メロンは、抗酸化酵素のひとつであるSODを多く含み、新鮮な状態を長く保つ不思議なメロンとして知られています。このメロンSODに着目した成分がメロングリソディン®です。

夜飲んで、睡眠中の修復を内側から強力サポート。

ハリや弾力、みずみずしさなど、必要なものは体内でつくるという発想から生まれたドリンク。肌の土台をつくる「細胞」にアプローチして真皮成分(コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸)の質と量の改善を目指しています。

「酸化」、「糖化」、「つくり出すチカラ」に着目、健康な細胞に導く。
リアンディーナ フォルテ ニュートリション ピラミッド
AC-11(キャッツクロー抽出物)

熱帯雨林の薬用植物キャッツクローから特許製法により抽出したエキス。

専門家に聞く!
セプテムのインナーケアの魅力と
効果的な飲み方

なぜインナーケアが必要なの?

細胞(DNA)レベルでのエイジングケア※2を考えると、肌の内側からのアプローチも重要に。

私たちのカラダの中には60兆個もの細胞があり、その細胞が元気でいることが、カラダだけでなく肌の美しさや健やかさにつながっています。しかしながら「酸化」により毎日最大50万回も細胞(DNA)が損傷。正常に修復する力をつけ、健康な細胞の減少を食い止めるためには、外からだけでなく内側からのケアも大切だと考えます。

※2 美しく年齢を重ねるためのケアをすること。

「酸化」と「糖化」をケアすると何がいいの?

どちらもカラダや肌の老化につながる要因です。早めに対策を取ることで、若々しさにつながります。

肌サビや肌コゲともいわれる「酸化」と「糖化」。カラダの中だけでなく、肌への影響も大きいのです。抗酸化酵素の産生力や、抗糖化による内側からのケアは、美しさに欠かせない対策です。
酸化・糖化は髪や骨、血管にも影響を与え、病気や老化の原因のひとつといわれています。

1日にどれくらい飲むことができますか?

ビーソディンは1日2粒〜4粒、
リアンディーナ フォルテは1日1本〜3本までを上限に。

目安以上の摂取はお控えください。
ビーソディンを4粒飲まれる場合は朝と夜に分けて、リアンディーナ フォルテを1日に2本以上飲まれる場合は、朝・昼・夜などに分けてお飲みください。
特に、水溶性ビタミン(ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンB6・葉酸)は、体内で使われなかった分は尿として出てしまうため、時間を空けて摂取することをおすすめします。

ビーソディンとリアンディーナ フォルテの両方を飲まれる方は、朝ビーソディン、夜リアンディーナ フォルテをお飲みいただくことをおすすめしています。

飲み続けると、
どんな変化を感じましたか?

肌やカラダへ、喜びのお声をたくさんいただいています。

ビーソディン、リアンディーナ フォルテ共に、カラダの根本にアプローチする食品です。美容目的の方はもちろん、毎日の健康維持目的の方にも好評です。効果・実感には個人差がありますが、続けることが大切です。毎日の摂取をおすすめします。

※効果・実感には個人差があり、効果を保証するものではありません。

‹ トップページに戻る